スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お犬散歩

犬の散歩もそこそこできるようになりました。15~20分ぐらいの散歩は苦になりません。

DSCF1376web.jpg

実は家の犬も私が発病する一週間ほど前に「自己免疫性溶血性貧血」という難病にかかり大変だったのです。
こやつは早々と寛解を達成し今はとても元気です。
スポンサーサイト

キモ後の検診

今日はプロフェッサー・ゴットリーブの診察日であった。午後遅い時間の予約。
病院の駐車場のゲートが空いていて無料で停められた。いつもは駐車代A$8ふんだくられるんでラッキーであった。病院の駐車場がA$8なんてたけーよ。
病院の受付に行くと今日はプロフェッサー・ゴットリーブが来られないと言うことでレジストラの診断となった。普通の医師だとメディケアでカバーされるんだがプロフェッサーになると初診料A$270取られる。A$210はメディケアから帰ってくるが、これもたけーよ。レジストラの診断だったので今回は無料。まあ、ラッキーと言って良いのかもしれん。
いままで会ったこのとのないレジストラだったので私のカルテを見るのにかなり時間がかかっていた。
私の場合、今のところ順調なので別に大した話があるわけじゃないのでレジストラでも十分だと思う。
手の痺れは少しなら問題ないとのこと。ただし、悪化するようであれば連絡するように言われた。
次の診察は4回目のキモが終わった後二週間目になった。今からだと6週間後。
PETは全部のキモ・サイクルが終わってから撮るとのこと。
ようは、ここでは特に問題がなければ医師の診察も最小限として淡々とキモをこなしていくと方針のようだ。

続きを読む

キモの副作用でキモ後便秘気味となる。どうも、腸の運動を阻害されるようだ。宿便が貯まるせいか屁が臭くなってたまらん。
便秘気味は2~3日で解消したが便の出はあまり良くない。一日三回ほど便通があるが完全に出ていない感じ。便秘解消とともに屁の匂いは臭くなくなってきた。
今は、動くと疲れることと、喉が頻繁に乾くこと、指先に少し痺れた感じがある以外は快調である。指先の痺れは副作用による神経のダメージの前兆であるようなので、次の診察の時に言っとく必要があるな。

注射

やたら喉が渇くが体調は一回目のキモの後ほど悪くはない。でも、少し動くと疲れる。
2~3日はおとなしくしていた方がいいだろう。
キモ24時間後に白血球を増加するための注射を自分でするように言われていたのでしてみた。
DSCF1372web.jpg

針が細いので大して痛くはない。

キモ・セラピー2回目

今日は二回目のキモを受けることになっている。
9時の予約。白血球レベルは0.5から4.9(Mega個/ml)に回復していてキモを受けるのに問題なし。
白血球増加の注射が良く効いたようだ。
点滴カテーテル設置後、薬剤師が来て自宅で飲む薬を渡してくれる。以前の薬と基本的に同じである。ただ、白血球増加用の注射が加わった。
薬は:

プレドニン: ステロイド剤 (100mgを五日間)
Zofran:   吐き気止め (8mgを今日の夜だけ)
Pramin:  吐き気止め (必要に応じて一日四錠)
Ativan:   睡眠薬 (必要に応じて、2錠もらった)

それと白血球増加用の注射は

Neulasta: 6mg/0.6mL (明日の3時以降に自分で注射)

続きを読む

プロフィール

sydojisan

Author:sydojisan
1951年生まれ男性。
シドニー在住。

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。